PR

イントロダクションRaspberry Pi ―仕様説明からセットアップまで 前編

2013年8月7日(水)
インプレスジャパン コンピューターテクノロジー編集部

※この記事は、書籍『Raspberry Piユーザーガイド』の内容を、Think IT向けに特別にオンラインで公開しているものです。詳しくは記事末尾の書籍紹介欄をご覧ください。記事の後半はこちら

Rasberry Pi ボードは驚くほど小さく、クレジットカードほどの大きさにぎっしりと処理能力が詰め込まれている。Raspberry Pi はすばらしい能力を秘めているが、ラズベリー畑に飛び込む前に、頭に入れておかなければならないことがいくつかある。

ARM とx86

Raspberry Pi システムの心臓部は、Broadcom BCM2835 SoC(System-on-Chip)マルチメディアプロセッサである。つまり、ボードの中央にあるメモリチップの下に隠れたこのたった1 つのチップに、CPU やGPU、オーディオや通信ハードウェアを含めた、システムコンポーネントの大部分が組み込まれている(図1-1)。

ただし、BCM2835 がデスクトップPC やノートPC に搭載されているプロセッサと異なるのは、このSoC の設計だけではない。BCM2835 は、ARM と呼ばれるPC 向けCPU(x86)とは別の命令セットアーキテクチャ(ISA)を採用している。

1980 年代にAcorn Computers によって開発されたARM アーキテクチャは、PC 環境ではあまり見かけないISA だが、モバイルデバイスでは他を圧倒している。あなたのポケットに入っている電話には、ARM ベースの処理コアが少なくとも1 つは搭載されているはずだ。シンプルなRISC(Reduced Instruction Set Computer)アーキテクチャに省電力機能が組み合わされた結果、ARM は、消費電力が多いCISC(Complex Instruction Set Computer)アーキテクチャのチップを押し退けて、その地位を揺るぎないものにしている。

Raspberry Pi がオンボードのMicro-USB コネクタに提供される5V 1A の電源で稼働する秘密は、ARM ベースのBCM2835 にある。デバイスにヒートシンクが見当たらないのも、同じ理由だ。チップの消費電力が少ないため、複雑なタスクを処理している最中でも、排熱はほとんどない。

ただしそれは、Raspberry Pi に従来の PC ソフトウェアとの互換性がない、ということでもある。デスクトップ PC やノート PC のソフトウェアの大半は、Intel や AMD、VIA といったプロセッサのベースである x86 アーキテクチャに基づいている。このため、ARM ベースの Raspberry Pi では、そうしたソフトウェアは動作しない。

BCM2835はARM11ファミリと呼ばれるプロセッサデザインを採用している。ARM11ファミリは、ARMv6 と呼ばれる命令セットアーキテクチャに基づいた設計になっている。ARMv6 は軽量にして強力なアーキテクチャだが、ARM Cortex プロセッサファミリで採用されている ARMv7 という上位版の強力なライバルがいる。残念ながら、ARMv7 用に開発されたソフトウェアは、x86 用に開発されたソフトウェアと同様に、Raspberry Pi の BCM2835 では動作しない。

だからといって選択肢が限られるわけではない。開発者が BCM2835 に合わせてソフトウェアを書き換えるのは一般に可能である。また、後述するように、ARMv6 命令セット用のソフトウェアはいくらでもある。Raspberry Pi がこの調子で人気を伸ばせば、その数は増える一方だろう。プログラミングの経験がまったくなくても、Raspberry Pi 用のソフトウェアを開発することは可能である。本書では、その方法についても説明する。

著者
インプレスジャパン コンピューターテクノロジー編集部

連載記事一覧

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事