PR

RTCとRTミドルウエア

2009年6月18日(木)
長瀬 雅之

2種類のRTミドルウエア(1)~OpenRTM-aist

 さて、皆さんは意識していないかもしれませんが、1ページ目のチャットプログラムRTCは、RTミドルウエアの上で動作しています。

 ここで、RTミドルウエアについて少し詳しく説明しておきましょう。図2をご覧ください。

 現在、皆さんが使うことができるRTミドルウエアは、2種類あります。独立行政法人産業技術総合研究所が作成・公開しているOpenRTM-aistと、株式会社セックのOpenRTM.NETです。RTCの仕様はOMGで公開されているとおりのオープンな仕様ですので、誰もがRTミドルウエアを作成できます。株式会社セックもOpenRTM.NETを独自実装しています。

 まずは、RTミドルウエアの本家、OpenRTM-aistから見てみましょう。これは、前回お話ししたとおり、2002年からの国家プロジェクトの中で作成され、2004年にファーストバージョンOpenRTM-aist-0.2.0が公開されました。その後、OMG仕様を先取りしてOpenRTM-aist0.4.0が公開されたのが2007年。現時点での最新版は、OpenRTM-aist-0.4.2です。さらに、2009年5月には、OpenRTM-aist-1.0.0 RC1(Release Candidate)が公開されています。

 図2からもおわかりいただけるとおり、OpenRTM-aistは、LinuxやWindowsなどの複数OS、またC++やJavaなど多くの開発言語をサポートしています。現在は、一般には公開されていませんが、TRON版とVxWorks版も開発されています。これらのRTOS版が公開されると、組み込み機器も含めて主要なOSの上でRTCを動かすことができるようになります。OpenRTM-aistは、RTミドルウエアのマルチプラットホーム対応を進めているのです。

2種類のRTミドルウエア(2)~OpenRTM.NET

 RTミドルウエアの本家はOpenRTM-aistですが、2002年からこの技術に触れている株式会社セックでもRTミドルウエアを開発しています。それがOpenRTM.NETです。1ページ目(http://thinkit.jp/article/962/1/)のチャットプログラムの下で動作しているのがこれです。

 このRTミドルウエアは、前回触れた「次世代ロボット知能化技術開発プロジェクト」の研究開発成果として作成しています。名前が示すとおり、.NETフレームワーク上で動作するRTミドルウエアです。.NETフレームワークがあれば、どんな環境の上でも動作します。.NETというとWindowsをイメージする方が多いと思いますが、オープンソースの.NET Framework互換環境のMonoを使えば、OpenRTM.NETは、Linux上でもMac上でも動作します。

 開発言語は、C#とVisual Basicをサポートしていますので、すぐにお試しいただけると思います。インストールも1ページ目に示したとおり、簡単にできます。

 このミドルウエアの良いところは、.NET環境の豊富なクラスライブラリを使ってRTCの開発が行える、というところです。したがって、GUIを必要とするRTCやWebと連携したRTCの開発が容易となります。これらをOpenRTM-aistで作ろうとすると少し工夫が必要ですが、OpenRTM.NETなら手間要らずで済みます。

 一方、OpenRTM.NETの弱点はリアルタイム制です。ロボットを動かすためには、msecオーダーでの実時間制御が必要となりますが、OpenRTM.NETでmsecオーダーの時間は保証できません。

 上記のとおり、OpenRTM-aistとOpenRTM.NETには、それぞれ一長一短があります。ですから実際には、適用場面に応じて使い分ければいいでしょう。例えば、実時間制御はOpenRTM-aistで行い、画面周りはOpenRTM.NETで行う、という形です。

 RTミドルウエアは、RTCが相互接続可能なように作られていますので、OpenRTM-aist上のRTCと、OpenRTM.NET上のRTCを繋げて動作させることができます。もちろん、OpenRTM-aistの異種プラットホーム間でも同様です。この相互接続性がRTミドルウエアの1つの特徴です。

株式会社セック
1985年株式会社セック入社。入社以来、ネットワーク関連、宇宙関連システムを多く手がける。特に、人工衛星搭載ソフトウエアの開発に永く従事。2002年から、ロボットシステムでのビジネス立ち上げのために活動。特にRTミドルウエアを中心とした標準化活動から、ITとRTの接点を探っている。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています