PR

Windows Web Server 2008のサーバー構築

2009年7月1日(水)
細田 隼平

サーバー管理の中心「サーバーマネージャ」

 さて、OSインストールの最終プロセスである再起動が終わると、初期構成タスクという画面が表示されます。上から順番にタスクをこなしていきましょう。役割の追加でIISをインストールすることを忘れないでください。これがないとWebサーバーとして何もできません。なお、この画面で設定し忘れても、再度この機能を表示することができるので、後でいつでも変更できます。「スタート > ファイル名を指定して実行」を選択して「oobe」と入力すると、初期構成タスクの画面が立ち上がります。

 初期構成タスク画面での設定を一通り終えてOKをクリックすると、サーバーマネージャ画面が表示されます。この画面がIISの管理やイベントログの確認など、サーバー管理で一番使う画面になると思います。起動するアイコンは [スタート] ボタンの右隣に表示されますので覚えておきましょう。

 このサーバーマネージャではサーバー全般の管理機能が網羅されています。具体的には以下のことができます。

・IISの管理機能であるインターネットインフォメーションサービスマネージャ(以下、IISマネージャ)の利用
・FTP、SMTP、TelnetといったIIS以外の各種サーバー機能の追加
・各種セキュリティー設定の変更
・デバイスマネージャ、イベントビューア、タスクスケジューラ、ユーザーの管理、ディスクの管理、サービスの管理など

 サーバーマネージャの初期画面には 「IE ESC の構成」という項目があり、Internet Explorer(以下IE)のセキュリティー設定の変更ができます。Windows Web Server 2008 ではIEのセキュリティー設定があらかじめかなり高く設定してあり、満足にWeb閲覧ができません。

 高いセキュリティー要件がある場合にはこのセキュリティー設定は変更しなくていいのですが、開発機などでIEを使いたい場合は不都合なことが多いので、オフにしてしまいましょう。ちなみに、サーバーマネージャのアイコンがなくなってしまった場合は、「スタート」をクリックして、コンピューターを右クリックして管理を選択するか、「ファイル名を指定して実行」で「CompMgmtLauncher」を入力すると表示されます。

 さて、IISマネージャを開いてみましょう。IISマネージャはサーバーマネージャの左側にあるツリーから「役割 > Web サーバー(IIS) > IISマネージャ」を選択するとメインの領域に表示されます。接続の表示にあるサーバー名をクリックするとそのサーバー上のIIS全体の設定画面が表示されます。また、一番右側の操作領域ではIISの起動/停止/再起動ができるようになっています。

ちょっと一息:インストール後によく行う設定

 ここで、ちょっと一息。インストール後によく行う設定をご紹介します。駆け出しSEさんのタスク作成の助けになると幸いです(シニアの方には物足りないかもしれませんが、ご勘弁を)。

・イベントログの確認 (エラーや警告がないことの確認)
・サーバーマシン付属のDVD-ROMなどからさまざまなツールのインストール
・NTP(時刻同期)の設定
・拡張子をすべて表示させるようにする
・ウイルス対策ソフト(サーバー版)のインストール
・運用監視ソフト(もしくはエージェント)のインストール
・バックアップソフト(もしくはエージェント)のインストール

 さらに開発環境では以下のツールがお勧めです。

・Microsoft Process Explorer
 http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/bb896653.aspx

・Microsoft Virtual CD-ROM Control Panel
 http://download.microsoft.com/download/7/b/6/7b6abd84-7841-4978-96f5-bd58df02efa2/winxpvirtualcdcontrolpanel_21.exe

 Process ExplorerやVirtual CD-ROM Control Panelなどはマイクロソフト製ですが、サポートや動作保証はないようなので、サポートが必要な環境では別製品を検討しましょう。

 Process Explorerはタスクマネージャの高機能版というイメージ。Virtual CD-ROM Control Panelは、OS上に仮想ドライブを作成でき、isoファイルをDVDやCDといったメディアのようにマウントできるツールです。英語が苦手な方は別途日本語対応しているフリーウエアなどを利用してもいいかもしれません。

 なお、Virtual CD-ROM Control Panelは64bit版上では動作しないようですのでご注意ください。

2002年SIerに入社し、一貫してWebシステムの開発に携わる。2007年フリーランスとして独立。現在はモバイルコンテンツサイトのマーケティング支援としてBI構築、SEO、SEMに携わっている。所有資格はRHCE、Oracle Certified Professional、テクニカルエンジニア(ネットワーク)など。「IIS de OSS」(http://guitarfish.wazure.jp/)にてIISにOSSをインストールするノウハウを展開中。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています