TOPプロジェクト管理> 前準備




AquaLogic BPM Suite
BEA AquaLogic BPM Suiteを使い倒す

第4回:ビジネスプロセスを動かす
著者:日本BEAシステムズ  河野 恭之   2007/1/23
前のページ  1  2   3  次のページ
前準備

   プロセスを実行するには、その前にプロセスをデプロイし、プロセスエンジンを起動させる必要があります。まずAquaLogic BPM Studioの実行メニューにある「発行して配置」を実行し、次に「エンジンの起動」を実行してください(図3)。
プロセスの配置とエンジンの起動
図3:プロセスの配置とエンジンの起動
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


「顧客」による注文プロセスの起動

   それでは表3のプロセスの流れにそって、解説していきます。まず顧客ユーザであるcustomerでログインし、画面左メニューのアプリケーションをクリックしてアプリケーション一覧画面を表示します。ここで「注文する」をクリックして注文フォーム画面にデータを入力し、「submit」をクリックしてプロセスを開始します(図4)。

注文プロセスの起動
図4:注文プロセスの起動
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)


「アカウント営業」によるタスクの受信とファイルの添付

   アカウント営業ユーザである「sales」でログインし、画面左メニューの受信トレイをクリックすると、顧客からの注文タスクがタスク一覧画面に表示されます。

   次に、先に登録したタスク(「顧客名:注文番号」)をクリックしてタスクの詳細を表示し、画面下にある「添付ファイル」クリックして添付ファイルを入力します(図5)。

添付ファイルの追加
図5:添付ファイルの追加
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

   プロセスに添付された文書は、チェックアウト/イン機能によりバージョン管理することも可能です。


アカウント営業による注文確認

   画面左メニューの受信トレイをクリックしてタスク一覧画面を表示して「注文を確認する」アクティビティの「 アイコン」をクリックします。表示された注文確認画面で承認を選択して「submit」をクリックしてプロセスを続行します(図6)。

注文確認アクティビティの実行
図6:注文確認アクティビティの実行
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

前のページ  1  2   3  次のページ


日本BEAシステムズ株式会社 河野 恭之
著者プロフィール
日本BEAシステムズ株式会社  河野 恭之
営業技術部  プリセールスエンジニア
VBやVC++、Java言語での10年にわたる開発経験を経てBEAに入社。現在プリセールスSEとして主にWebLogic ServerやWebLogic Integrationを担当。最近では特にAquaLogic BPM Suiteの販売促進活動にも従事している。


INDEX
第4回:ビジネスプロセスを動かす
  AquaLogic BPM Studioによるビジネスプロセスの運用
前準備
  出荷担当による送料計算と在庫確認