PR

コストは適正か?ロックインされている?~ITアウトソースの課題とその解決法に向けて~

主催者: 
主催:バリスティック・ビジネス・テクノロジーズ/協力:オープンソース活用研究所
日時: 
2017年1月25日(水) 09:30
会場(場所): 
TKP新橋汐留ビジネスセンター

東京都港区新橋4-24-8 2東洋海事ビル ミーティングルーム202

本セミナーでは、アウトソースにまつわる課題を挙げ、これを改革してきた顧客の事例を紹介。その事例のプロセスを整理して、どのようにアウトソース改革に取り組むべきなのか一つのベストプラクティスを紹介いたします。
更に前述のように、そのスタートラインに必要な「アウトソースの現実、事実を知る」ことをベンチマークによって行うことをご紹介いたします。

【ITILデータを利用して他社と比較】
ベンチマークの一例として、ITILデ-タを利用、 定量的に他社と比較して自社の情報システム部門のポジションを客観的に示すValiDataLサービスをご紹介します。
ITILに取り組まれている、あるいは運用の記録をつけているのであれば、そこで蓄積されたインシデントを始めとした情報を用いて、他社群と比較し、自社の運用のポジションを知ることができる。
それがValiDataL(バリデタル)のベンチマークサービスです。

【ITIL取組み以前でも比較可能】
ITILにまだ取組んでいない企業も多くあります。
ただ、情報システム部門の現場にはインシデントに相当する個々の障害やサービスリクエストの記録があることが多いです。
ValiDataL(バリデタル)では不完全なデータからも自社のポジションを示すアルゴリズムが内包されています。
現在のポジションを特定し、ITILに取り組むきっかけにすることもできるというわけです。

【期末、年度末に向けて、来期計画に向けて】
そろそろ、期末、年度末に向けて来期の計画を練り始める時期となっています。
いままでの踏襲、延長線上で来期のアウトソーを考えるか、それとも新たにアウトソース改革にに転じるか。
まずは今期中に自社のアウトソースののポジションを客観的にとらえたうえで、説得力のある来期企画を行うことが必要であると考えます。

★定員10名の少人数セミナーです。満席が予想されますので、いますぐお申込みください★

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています