PR

2018年、マルウェア動向予測 ~アンチウィルスの限界と、AI(人工知能)の活用~

主催者: 
主催:ソフォス株式会社/協力:オープンソース活用研究所(マジセミ)
日時: 
2018年3月6日(火) 18:30
会場(場所): 
ソフォス株式会社「Sophos Central Theatre」

東京都港区六本木1丁目6−1

【ランサムウェア、標的型攻撃など、高まるリスク】

昨年感染が拡大した「WannaCry」、2018年も猛威を増す「ランサムウェア」。
昨年5月に発生したランサムウェア「WannaCry」、感染が拡大し多数の企業が被害に合いました。

また、国内大手旅行代理店での700万件近くの個人情報が流出した事件では、標的型攻撃によるものだとされています。

2018年もランサムウェアや標的型攻撃の被害は拡大すると予想されています。

【2018年、マルウェア動向予測】

そのような中、企業はどのようにセキュリティ対策をするべきでしょうか。
本セミナーでは、その参考にしていただくべく、2018年のマルウェア動向予測について、解説します。

【アンチウィルスの限界と、AI(人工知能)の活用】

また、マルウェア動向予測の中でもお話しさせていただきますが、マルウェアも年々巧妙になってきてり、従来のアンチウィルスソフトでは対応できなくなってきています。
このような中、AI(人工知能)を活用したセキュリ対策が注目されています。
本セミナーでは、高度な機械学習システムであるディープラーニング ニューラル ネットワークを活用し、マルウェア定義ファイルに依存せずに、既知および未知のマルウェアを検出する方法について解説します。

お席に限りがありますので、ご興味のある方はお早めのお申込をお願いします!

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています