PR

クラウド活用+リモートワークのためのIDライフサイクル管理の重要性(基本機能無料のIDaaS SKUID+LDAP Managerでの解決策)

主催者: 
GMOグローバルサイン株式会社/協力:エクスジェン・ネットワークス株式会社 /株式会社アクシオ /株式会社オープンソース活用研究所(マジセミ)
日時: 
2018年6月5日(火) 10:30
会場(場所): 
GMOグローバルサイン株式会社 セルリアンタワー11階 セミナーRoom

東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー11階

【内部不正や標的型攻撃への対応などでますます重要になる「認証とID管理」】

企業における認証やID管理は、以前からのテーマですが、近年その重要性はますます高まっています。
従来の、システム利用者の利便性を高めるための「シングルサインオン」や、ユーザ登録や権限変更などのシステム管理者の負担を軽減する「ID統合管理」や「プロビジョニング」はもちろんのこと、Office365やSalesforceなどのクラウドサービスの積極活用、内部不正への対応や、標的型攻撃への対策、リモートワークのためのセキュリティ強化においても、認証やID管理は重要なテーマになっています。

【認証・ID管理のクラウドサービス「IDaaS」とは】

これまでは、企業内(もしくはデータセンター)に認証やID管理用のサーバーを設置する、いわゆる「オンプレミス(オンプレ)」が主流でした。
しかし最近、これらの機能をクラウドで提供する「IDaaS」が注目されています。
IDaaSは、面倒な認証・ID管理システムの運用をアウトソースでき、さらに中小企業であっても少額から利用できるため、普及が進んでいます。

本セミナーでは、基本機能が無料で使える人気のIDaaS「SKUID」についてご紹介します。

【クラウドを積極的に活用するための、IDライフサイクルの重要性】

また、Office365やSalesforceなどのクラウドサービスの積極的に活用するためには、退社した社員のアカウントの削除や、人事異動時の速やかな権限変更など、「IDの鮮度」が重要になってきます。
本セミナーでは、IDaaSの利用に必要なID管理の機能についても解説します。

★少人数のセミナーです。今すぐお申し込み下さい!

【セッション紹介】
■クラウドサービスの認証強化の方法と、SKUIDのご紹介

■IDは鮮度が命~クラウド有効活用のためのIDライフサイクル管理の重要性~

■低コストで実現するLMとSKUIDによるハイブリッド認証基盤とは

★セッション内容の詳細は、お申込ページからご確認ください。
★当日はお名刺を2枚お持ちください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています