PR

注目のEDR!あなたはどう選ぶ?どう使いこなす?

主催者: 
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
日時: 
2018年8月23日(木) 14:00
会場(場所): 
フクラシア丸の内オアゾ

千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビルディング 15階 会議室Ⅰ

高度化するサイバー攻撃、巧妙に潜む脅威。

いくら防御壁を高めても攻撃者は新たな手口で侵入を試み、重要情報の窃取や破壊を人質に、金銭などの目的を達成しようとします。

攻撃者の侵入を100%防ぐことは不可能と言われるなか、エンドポイントのログを収集し、不審な動きをリアルタイムで可視化するEDR(Endpoint Detection and Response)が、企業や組織をリスクから守る新技術として注目されています。

本セミナーでは、既に170ヶ国以上で利用されているEDR製品・CrowdStrike Falconの機能をご紹介するとともに、弊社のSOCアナリストによるEDRの評価や、その性能を最大限に生かす分析手法を解説します。

13:30   <開場・受付開始>

14:00 ~ 14:40 <セッション1>

『CrowdStrikeが提供するシンプルで強固なエンドポイントソリューション』

CrowdStrike Falconは全てのエンドポイントを5秒で可視化し、マルウェアもマルウェアを使わない攻撃も、あらゆる攻撃タイプをブロックします。
本セッションでは、CrowdStrike Falconの優れたアーキテクチャ、最新のテクノロジー、グローバルに選択される理由などをご紹介します。

 CrowdStrike Japan 株式会社
 ジャパン・カントリー・マネージャー 河合 哲也

14:40 ~ 15:20 <セッション2>

『攻撃事例から紐解く、EDRの必要性』

実際の攻撃事例を紐解いた上で、EDRを利用したセキュリティ対策がなぜ必要なのかを解説。EDRを利用することで企業がどの様な対策を行うことが出来るのか、実際にCrowdStrikeの管理画面をお見せしながらご紹介します。

  マクニカネットワークス株式会社 技術統括部 第6技術部 第2課
  井形 文彦

- - - - - - 休憩 10分間 - - - - - -

15:30 ~ 16:10 <セッション3>

『NRIセキュアのアナリストはEDRをどう評価し、攻撃の分析に利用するのか?』

EDRの持つ能力、評価する際に重視すべき観点、そしてEDRが真価を発揮する分析手法を現場のSOCアナリストが解説します。また、15年を超えるセキュリティ監視実績、年間数百件に及ぶインシデント対応支援のノウハウをベースとする「マネージドEDRサービス」をご紹介します。

 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 サイバーセキュリティサービス事業本部
 セキュリティアナリスト  林 吟志

16:10 ~ 16:30 <質疑応答・相談会>

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています