PR

【東京開催】OSS運用監視ツールにおける、バースト時の SNMP Trap 受信漏れ対策と、大量アラートのインシデント登録の効率化について ~システム監視の効率化の鍵は「前捌き」にあった!~

主催者: 
サイバートラスト株式会社 / 協力:マジセミ / オープンソース活用研究所
日時: 
2018年10月26日(金) 15:00
会場(場所): 
サイバートラスト株式会社 本社セミナールーム

東京都港区六本木1丁目9-10 アークヒルズ仙石山森タワー35階

【「Zabbix でN/W機器の監視がしたい!」けど、SNMP Trap バースト時の対応はどうする?】

全ての SNMP Trap を受信しようとしてバーストが発生したら、Zabbixでは受けきれずに取りこぼしが発生する可能性があります。

また、もしZabbixサーバーが落ちていたらどうなるでしょうか?

その間の SNMP Trap は間違いなく取りこぼします。

Zabbix サーバーを使うにしても、どうしたらもっと効率的に SNMP Trap の監視ができるでしょうか?

【「Zabbix」から発生したイベントをインシデント管理に連携するには?】

Zabbixから発生したイベントで対処が必要があるものは、できればインシデント管理ツールで管理したいですよね?

しかしZabbix のアラートは、無視してもよいものが多かったり、複数メッセージで1つのインシデントだったりします。
従って、大量のアラートを全てを登録するのは、非現実的です。

では、どうすれば効率的にインシデント管理ができるのでしょうか?

【効率化のカギは「前捌き」にあった!】

SNMP Trap でもインシデント登録でも共通して言えるのは、「前捌き」が効率化のためのカギになります。

今回のセミナーでは、如何に上手く「前捌き」をして Zabbix や Redmine などのオープンソースによる監視を効率化するか、解説致します。

【セッション紹介】
■サイバートラスト社ご紹介 並びに Zabbix 関連ビジネスへの取り組み
■バースト時の SNMP トラップ受信漏れを防ぎ、Zabbix で効率的に監視する方法
■Zabbixの膨大なアラートを自動的に集約し、インシデント管理に連携する方法

お申込お待ちしております。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています