PR

AWSで実現するデータレイクと機械学習によるデータ活用、ほか

主催者: 
ネットアップ合同会社/株式会社マイナビ マイナビニュースセミナー運営事務局/協力:アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社/株式会社インターネットイニシアティブ/オープンソース活用研究所
日時: 
2018年11月22日(木) 13:00
会場(場所): 
JR新宿ミライナタワー 12F マイナビルームA

東京都新宿区新宿4丁目1番6号 JR新宿ミライナタワー 12F マイナビルームA

見どころは以下の講演になります。

■デジタルトランスフォーメーションで加速するブリヂストンのビジネスソリューション
■AWSで実現するデータレイクと機械学習によるデータ活用
■AWSでのAI/IoT/ビッグデータ活用におけるテクニカル キーポイント

【データ戦略のカギはクラウドにあり! AI/IoTが導く新たなビジネスの姿】

AI/IoTを駆使して得られた知見をビジネスに活かそうという流れが加速していく中、前向きに導入を検討する担当者も増えてきました。

たとえば製造業を見ると、スマートファクトリー化による製造現場の効率化が課題として挙げられます。

そこでAI/IoTが果たす役割は大きく、データの活用が作業全体の最適化、熟練者のノウハウの知見化などをもたらしてくれます。

それらが目指すものは、工程の自動化による人手不足の解消や、働き方改革の実現といえるでしょう。

機械学習、ディープラーニング(深層学習)を駆使し、いかに膨大なデータの中から新しい発見を導き出すか……それを支えるインフラは重要なポイントです。

IoTを元に蓄積された大量のデータは、やはり高性能なクラウドの支えがあってこそ、AIによる効果的な解析、そしてスピーディな知見の発掘をもたらします。

本セミナーでは、AI/IoTの導入に際して求められる「クラウド」プラットフォームの理想的な姿を明らかにしていきましょう。

【セッション紹介】

■【基調講演】デジタルトランスフォーメーションで加速するブリヂストンのビジネスソリューション
■【セッション1】AWSで実現するデータレイクと機械学習によるデータ活用
■【セッション2】AWSでのAI/IoT/ビッグデータ活用におけるテクニカル キーポイント
■【Q&A~まとめ】

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

AWSで実現するデータレイクと機械学習によるデータ活用、ほか | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。