PR

2018年のセキュリティトレンドを振り返る

主催者: 
株式会社マイナビ マイナビニュースセミナー運営事務局/協賛:株式会社 サイバーセキュリティクラウド/マクニカネットワークス株式会社/Tenable Network Security/ネットエージェント株式会/セミナー事務局:オープンソース活用研究所
日時: 
2018年12月5日(水) 10:00
会場(場所): 
新宿ミライナタワー マイナビルーム 12F-D・E

東京都新宿区新宿四丁目1番6号

★こちらは、株式会社マイナビ が主催するセミナーの紹介です。
見どころは以下になります。

【基調講演】セキュリティ情報分析官が語る、2018年の情報セキュリティトレンドと今後の対策
NTTデータが四半期毎に調査、発行している「サイバーセキュリティに関するグローバル動向四半期レポート」をベースに、2018年に起こった情報セキュリティトレンドをいち早く振り返り、将来を見据えた対策についてのヒントを皆様にご提示します。

「DeNAのサイバーセキュリティ Mobageを守った男の戦いの記録」著者、茂岩氏による事例紹介
DeNAグループの情報セキュリティを統括している茂岩氏による事例紹介です。

以下、株式会社マイナビ によるセミナー概要です。
セミナータイトル「2018年のセキュリティトレンドを振り返る」
2018年も残すところあとわずかとなりました。 不正アクセス、標的型攻撃メール、マルウェア、Webサイト改ざんなど、今年も後を絶ちませんでした。かつて自己顕示欲の誇示が動機だったこれらの攻撃は、明確に企業の経営資産を狙ったものへと変貌しています。 また、外部からの攻撃だけでなく、情報の漏えい、データの改ざん・破壊など、内部脅威に対しても、企業は今まで以上に適切なセキュリティ対策が急務となります。

本セミナーでは、2018年に発生した情報セキュリティに関するトレンドを、NTTデータ 大谷尚通氏、ソフトバンク・テクノロジー 辻伸弘氏、DeNA 茂岩祐樹氏の3名による視点から振り返りながら、備えるべき事前の対策や、万一インシデントが発生した際の対応についてのヒントをセミナーにご来場いただく皆さまに提示していきます。

【セッション紹介】
■【基調講演】セキュリティ情報分析官が語る、2018年の情報セキュリティトレンドと今後の対策(仮)
■【スポンサーセッション1】内部不正から会社を守るために今すぐできること ~事例から学べる事前対策と事後対応~
■【特別講演】正しく知り、育てる力 ~脅威と向き合う素地~
■【スポンサーセッション2】(調整中)
■【スポンサーセッション3】2018年に観測されたサイバー産業スパイと日本企業競争力への影響 (仮)
■【スポンサーセッション4】[リスクベースセキュリティ対策事例の紹介]システムの安全化を図るサイバーセキュリティ取り組み方改革
■【事例講演】(調整中)

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています