PR

AR/VRは貴社のビジネスにとってどう役立つのか? ~AR/VRの活用例と今後の動向~

主催者: 
株式会社OneTechnologyJapan / セミナー事務局:オープンソース活用研究所
日時: 
2019年1月24日(木) 15:30
会場(場所): 
ハロー会議室 八重洲ファーストビル4F

東京都中央区日本橋3-4-12 八重洲ファーストビル

【AR/VRは、ゲームやエンタメ分野だけのものなのか?】

AR/VRといえば、多くの方がゲームを思い浮かべるのではないでしょうか。
しかし、実際は、ゲームやエンタメ分野だけではなく、あらゆる分野のビジネスで積極的に活用されています。
Facebook、Microsoft、Apple、Googleなどは成長を見込み、AR/VR市場に参入し、投資を続けています。
今後、生活やビジネスのあらゆる場面にAR/VRが欠かせない時代がやってきます。

【AR/VRは実際どのように活用されているのか?】

例えば、以下のような分野でAR/VRの活用が検討され、一部実際に活用されています。

■スマホを使ったARでの広告・プロモーション活用
店舗の商品や道路標識、看板などを画像認識で読み取って、付加情報をARで表示させます。
また、その情報を多言語で表示することによりインバウンドの対策にもつなげる事ができます。
流通、物流、広告、製造など応用分野は広がっていきます。
https://onetech.jp/service/vr

■Hololens(ホロレンズ)を使ったデモンストレーション
Hololens(ホロレンズ)を使い、部屋の中にある様々な物体や人を読み取ります。yoloフレームワークを使い顔認識技術など応用分野のお話をさせていただきます。
https://onetech.jp/service/hololens

■建設現場における遠隔指示
ベトナムオフショア開発且つ、市販のアクションカメラとスマホを組み合わせて低コストで実現した遠隔支援ライブストリーミングのソリューションアプリのデモンストレーションを行います。現場の映像を遠隔地にいるスタッフとリアルタイムに共有し、遠隔地の現場のオペレーションをサポートします。人手不足解消の手段として注目を集めています。

【具体的な活用例を徹底解説】

本セミナーでは、さまざまな業界での活用事例を、デモを交えながら解説します。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

AR/VRは貴社のビジネスにとってどう役立つのか? ~AR/VRの活用例と今後の動向~ | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。