PR

【首都圏以外限定Webセミナー】Active Directoryの特権ID管理/アカウント管理の重要性(Active Directoryのセキュリティ対策)

主催者: 
主催:ゾーホージャパン株式会社/協力:オープンソース活用研究所
日時: 
2019年2月26日(火) 13:00
会場(場所): 
Webセミナー(受講方法は、お申込後メールでご連絡致します。)

神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目6番1号 みなとみらいセンタービル13階

【本セミナーは、首都圏以外の方のみ参加できるWebセミナーです。】
首都圏の方は、横浜みなとみらいで開催される以下のセミナーにご参加下さい。
https://osslabo.doorkeeper.jp/events/86672

また、2月21日にも同じ内容でWebセミナーを開催します。ご都合がよい日程でご参加下さい。
https://osslabo.doorkeeper.jp/events/86772

【JPCERT/CCで数多く報告されている、AD(Active Directory)侵害で被害が拡大している事例】
近年、特定の組織を狙った標準型メール攻撃の被害が後を絶ちません。取引先等を装って、悪意のあるファイルやリンクをメールで送信し、端末をマルウェアに感染させる攻撃です。この感染によりバックドアからAD攻撃される被害が、JPCERT/CCでも数多く確認されています。

【日本年金機構でもADが侵害され被害が拡大】
この攻撃による被害の一つが、2015年5月に日本年金機構で発生した情報漏洩事件です。標的型メールを開封し、マルウェア感染した後、AD攻撃されて被害が拡大しました。結果的には125万件もの年金情報が流出してしまいました。

【被害を最小限に抑える対策】
このような被害を防止するには、以下のような対策が必要です。

・ログの長期保管と可視化

・ログ監査による不審な動きの検知とアラート

・適切なアカウント管理による権限状況の可視化や未使用ユーザーの棚卸

・OSやソフトウェアの脆弱性情報の把握とパッチの適用

本セミナーでは上記について詳しく解説します。

【お申込み後、ゾーホージャパン株式会社より、Webセミナーの受講方法についてメールで連絡致します。】

★プログラム等は詳細ページをご覧ください

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています