PR

Kubernetes利用に向けたCIパイプライン構築ハンズオン

主催者: 
株式会社スタイルズ、富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
日時: 
2019年4月16日(火) 18:00
会場(場所): 
株式会社スタイルズセミナールーム

東京都千代田区神田小川町1-2 風雲堂ビル6階

開催日程
1日目:4月16日(火) 18:00~21:00
2日目:5月15日(水) 18:00~21:00

※2日間ともご参加いただけることが参加の必須条件となります。

※申込していただいた段階で、受講確定とさせていただき、当日のハンズオンに無断でご欠席された方は、以後開催するイベント参加をご遠慮いただく場合がございます。

※お手数をおかけいたしますが、ご予定をご確認のうえ、お申込みをお願いいたします。

開催概要
コンテナを使ったCIパイプラインをやってみたいけど業務ではコンテナを使うことがなくなかなか挑戦できない方もいらっしゃると思います。本ハンズオンでは、そういったJavaなどのエンタープライズ向けの開発エンジニアの方々向けにコンテナでのCIパイプラインと開発手法について体感していただくために開催いたします。

ハンズオン内容
jHipsterをサンプルアプリケーションとして、GitLab Runnerで自動的にビルドし、Dockerコンテナイメージを作成します。そのDockerコンテナイメージをKubernetesにデプロイして動作を確認し、さらにjHipsterを修正して、GitLabにコミットすると自動的にDockerコンテナイメージがビルドされるCIパイプラインを体感していただきます。

ハンズオンシナリオ
ニフクラログイン
GitLabアカウント作成
GitLabリポジトリのクローン
GitLab Runnerとパイプラインの説明
GitLab レジストリの説明
ニフクラでのKubernetes起動方法の説明
Dockerコンテナイメージのデプロイ
jHipsterを修正してコミット
パイプラインの動作確認
jHipsterの再デプロイと動作確認
参加者想定
エンタープライズJava開発者 ※Docker/Kubernetesについての知識は不要です。

開催場所
株式会社スタイルズ(東京都千代田区神田小川町1‐2 風雲堂ビル6F)

最寄り駅:都営新宿線小川町駅、東京メトロ丸の内線淡路町駅

参加時までに用意するもの
WiFi接続可能なノートPC(Windows or Mac)
GitLab.comのアカウント(無料で取得可能)
募集人数
15人

主催
株式会社スタイルズ、富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

Kubernetes利用に向けたCIパイプライン構築ハンズオン | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。