PR

AWSやAzure、GCPなどへの「クラウド移行」における、認証・ID管理の検討

主催者: 
かもめエンジニアリング株式会社
日時: 
2019年5月16日(木) 15:30
会場(場所): 
マジセミ竹芝オフィス(注意:日通商事と同じビルで、入口は反対側です。入口で1307を呼出下さい)

東京都港区海岸1丁目14−17ベイサイド竹芝1307

■クラウド時代でも重要な認証基盤
現在、多くの企業でオンプレの業務システムをAWSやAzure、GCPなどへ移行する「クラウド移行」が推進されています。

その際、複数の社内システムや、Office365、Salesforce、G Suiteなどのクラウドサービスを含めたシングルサインオン、ユーザーIDの管理をどう設計すればよいのか、どのようにユーザーや管理者の利便性を高めながらセキュリティを強化すればよいのか、というのは重要な課題です。

■注目されるIDaaS
そのような中、システム全体がクラウドになるのであれば、認証基盤もクラウドサービスで、という考えの下、「IDaaS」が注目度を高めています。

■IDaaS(OneLogin、Okta、HDE One、CloudGateなど)の比較
本セミナーでは、主要なIDaaSである、OneLogin、Okta、HDE One、CloudGateなどについて、機能や料金などの比較を行います。
※HDE Oneは、HENNGE Oneに商標変更しています。

■オープンソース活用の検討
さらに、AWSやAzure、GCPなどのクラウドプラットフォーム上にOpenAMやKeycloak、Keyspiderなどのオープンソースの認証・ID管理ツールを稼働させる方式についても、比較・検討を行います。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています