PR

BYOD(私用端末の業務利用)の携帯で、会社番号(03-xxxx-xxxx)を使う方法

主催者: 
主催:ビジネスエージェント株式会社/協力:オープンソース活用研究所
日時: 
2019年5月16日(木) 15:30
会場(場所): 
BAビジネスセンター銀座 会議室C

東京都中央区銀座1-14-11 銀松ビル4F

【企業で注目されるBYOD】
今や携帯電話はビジネスにおいて必須アイテムです。約4割の企業が、社員に携帯電話を貸与しているという調査もあります。ところが近年「BYOD」(Bring Your Own Device)という方法が注目されています。「BYOD」とは、個人の携帯電話を業務で活用することです。セキュリティ面や管理運用についての不安もありますが、企業側のメリットとしては、端末支給のコストを削減できます。また個人側のメリットとしては、デバイスを複数保有しなくてよいこと等があります。

【働き方改革の重点施策であるテレワーク/リモートワーク】
一方働き方改革が活発化する中、テレワーク/リモートワークを導入する企業が増えています。会社以外の場所で業務を行う際にも、携帯電話の利用は欠かせません。

【私用の携帯の電話番号をオープンにしてよいのか?】
このようにBYODやテレワーク/リモートワークで携帯電話を利用する際に問題となるのが、私用の電話番号を業務利用で公開してよいのかという点です。これについては、顧客に対してはもちろんのこと、自社の社員同士であっても、個人情報保護の観点から望ましくないでしょう。

【私用のスマホで、会社の番号(03-xxxx-xxxx)を使うには?】
この問題を解決するにはどうすればよいのでしょうか。本セミナーでは、私用の電話番号ではなく会社の電話番号で通話できる方法を解説します。

★プログラム等は詳細ページをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています