PR

OneLogin,Okta,TrustLogin等のIDaaSと既存の社内システムを認証連携する方法

主催者: 
株式会社ムービット / セミナー事務局:マジセミ株式会社
日時: 
2019年6月13日(木) 15:30
会場(場所): 
マジセミ竹芝オフィス(注意:日通商事と同じビルで、入り口は反対側です。入り口で1307を呼び出してください)

東京都港区海岸1丁目14−17ベイサイド竹芝1307

■クラウド移行と共に普及するIDaaS

近年、AWS、Azureなどクラウド環境の利用が加速しています。システム管理コストや運用負担を大幅に削減できるため、オンプレからのクラウド移行は今後も活発化していくでしょう。

そのような中、システム全体がクラウドになるのであれば、認証基盤もクラウドサービスで、という考えの下、「IDaaS」が注目度を高めています。

■取り残される、既存の社内システム

しかし、一般的にIDaaSは、SAMLという標準プロトコルで認証連携をしていきます。
SalesforceやOffice365などのクラウドサービスは当然SAMLに対応しているので、問題なくIDaaSと認証連携できますが、既存の社内システムはSAML対応していないものがほとんどで、これらとどうやってセキュリティを確保しながら認証連携をするのかは大きな課題です。

また働き方改革により、社外から社内システムへのアクセスのニーズが高まっております。
その際にどうやって安全に社内システムへのアクセス時にIDaaSを連携させるのかも、解決すべき課題の一つです

■社外からSAML未対応の社内システムへ、どうやってIDaaSを利用してアクセスさせるのか?(SSO製品やIDaaSのSAML認証に対応したリバースプロキシ製品のご紹介)

本セミナーでは、このように社外からSAML未対応の社内システムへIDaaSを利用してアクセスさせる方法や、IDaaS利用時の社内システムへのアクセス時のセキュリティ強化をどのように実現するのかについて、その方法をご紹介します。

■プログラム
・15:00~15:30 受付
・15:30~16:15 SSO製品やIDaaSのSAML認証に対応したリバースプロキシ製品のご紹介
・16:15~17:00 質疑応答

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています