PR

ファイルサーバーなど社内システムのクラウド化における、クラウドの選定と方式の比較

主催者: 
株式会社エム・イー・シー
日時: 
2019年11月6日(水) 15:30
会場(場所): 
日本オラクル本社 オラクル青山センター

東京都港区北青山2-5-8 オラクル青山センター

■社内システムのクラウド移行で必要な検討事項とは
近年、コスト削減や業務効率化、利便性の観点から社内システムをクラウド化する企業が増えています。これから移行する際には、要件やセキュリティ、パフォーマンスなど様々な要因を踏まえた検討が必要です。その上で移行先をどうするのかという問題が生じます。

■オンプレ?クラウド? 社内システムの移行先は?
「クラウドファースト」が一般的になったいま、社内システムのクラウド化は必ず検討される選択肢でしょう。またAWS、Azure、GCP それぞれ特徴のあるクラウドサービスの中で、どれを選べばいいのでしょうか。

■ファイルサーバを事例にOracle Cloud移行のポイントもご紹介
クラウド移行時にはこうした課題が多数発生します。本セミナーではエム・イー・シー社がファイルサーバーをオンプレサーバーからパブリッククラウドに移行した実例をご紹介します。実際に直面した課題、問題、移行を判断した経緯や以下の検討事項について解説します。
 ・AWS、Azure、オンラインストレージ(BOX)とのコスト比較
 ・検討したシステムの構成
 ・使い勝手、パフォーマンス
 ・運用周りの設計

■クラウドファイルサーバ on OCI のデモ環境も
更に、本セミナーではOracle Cloud上に作成したクラウドファイルサーバ(クラウドファイルサーバ on OCI )を実装したデモ環境をお使い頂き、操作性や速度などを実際に確認することができます。

■ Oracle Cloud 東京リージョンの優位性
また日本オラクル株式会社より、Oracle Cloud 東京リージョンの優位性について、より詳しく解説いただきます。

プログラム
■15:00~15:30 受付
■15:30~16:30 社内システムのクラウド化における、クラウドの選定と方式の比較
■16:30~16:45 Oracle Cloud 東京リージョンの優位性
■16:45~17:15 質疑応答

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています