PR

Oracleの次世代データベース「Autonomous Database」とは?

主催者: 
株式会社スマートスタイル / セミナー事務局:マジセミ株式会社
日時: 
2019年11月15日(金) 15:30
会場(場所): 
新丸の内ビルディング14F

東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング14F

■Oracleの次世代データベース「Autonomous Database」とは?
Autonomous Databaseとは、AIや機械学習の技術を用いることで、自己稼働、自己保護、自己修復を行い、これまで人手が必要だった部分を自動化できる自律型データベースです。パフォーマンスや可用性は実績のあるOracle Exadata Database Machineと同等でありながら、クラウド上で簡単に利用できるクラウドサービスです。

■「自律型」が意味すること
自律型とは、データベースのプロビジョニングから保護、モニタリング、バックアップ、復旧、トラブルシューティング、チューニングといった一連の作業を、クラウドサービス側で自動で実施することを意味します。さらには、外部からの攻撃や内部ユーザーによる不正利用からデータを守るとともに、セキュリティパッチの適用なども自動化します。これにより、現状の管理運用にかかる工数を大幅に削減できます。

■「Autonomous Database」について解説
本セミナーでは、「Autonomous Database」の概要や特徴について解説します。

■Oracle Cloudの紹介と、マネージドサービスの紹介
また、Oracle Cloud 及び、Oracle Cloud の移行、運用、サポートなどのマネージドサービスについてもご紹介します。

・プログラム
■15:30-15:40 ご挨拶
■15:40-16:20 次世代クラウドで実現する最新基盤と自律型データベース
講演者:スマートスタイル
■16:20-16:50 クラウド移行を検討した時の Autonomous Database の優位性
講演者:スマートスタイル データベース&クラウド事業部 技術部 北田祐次
■16:50-17:10 インフラからデータベースの運用までフルサポート
ハイエンドのクラウドマネージドサービス 「Reagle for Oracle Cloud」 のご紹介講演者:スマートスタイル データベース&クラウド事業部 営業部 内藤達也
■17:10-17:30 質疑応答

■主催
株式会社スマートスタイル

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています