PR

業務効率化を実現するためのポイントとコツを徹底解説!~RPAだけじゃないツール選択と組み合わせ Robochestration~

主催者: 
CTCシステムマネジメント株式会社 / セミナー事務局:マジセミ株式会社
日時: 
2020年2月5日(水) 14:30
会場(場所): 
エッサム神田ホール1号館 4階大会議室(401)

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2

■RPAを導入したけど効果が出ていない企業が多い
全国的に人材不足になっている昨今、業務を自動化するためのRPAツールが注目されており、多くの企業において導入が進んでいます。
しかし、RPAツールを導入したものの、十分な成果が得られず想定外の負荷が発生している企業も多いようです。
たとえば、RPAの維持管理工数増加、野良ロボットの発生、ロボット停止時の対応が考慮されていない、一部門でのトライアルは成功したけど全社への横展開がで苦戦している、などの声をよく聞きます。

■なぜそのようなことになるのか?
なぜこのような問題が生じるのでしょうか。
トレンドであるRPAツールを導入することそのものが目的になってしまっていることも、理由の一つのようです。
本来であれば、RPAによる自動化が適している業務なのか、そうでないのか、見極める必要がありますが、「まずはRPAを導入しよう」となっているケースも多くあります。

■どうすれば本当の業務効率化ができるのか?
では、企業はどうするべきなのでしょうか。
まずは、手順書を作成する等、業務プロセスの可視化が必要です。
その上で、適切な業務効率化を実現するための7つのポイントがあります。
このポイントを正しく理解し、適切な自動化ツールで効果のある業務を効率化するコツを解説します。

■Robochestrationの取り組みを解説
当セミナーでは、人を中心とした業務プロセスに対して、効率化を行う為のプロダクト群を連動・連携することにより、お客様が業務効率化を推進する為のRobochestrationという考え方について解説すると共に、大手企業における具体的な事例とプロダクトをご紹介します。

・プログラム
・14:00~14:30 受付
・14:30~15:00 RPA導入を通して気づいた課題と、RPAプラスαの取り組み
・15:00~15:30 業務効率化実現に必要だった業務プロセス可視化と着眼のポイント
・15:30~15:40 休憩
・15:40~16:10 エクセル業務効率化ならxoBlos(ゾブロス)
・16:10~16:40 オープンソースのプリザンターでLet’sデータ活用!
・16:40~17:10 質疑応答

■主催
CTCシステムマネジメント株式会社
■協力
デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社
株式会社インプリム

■講演概要
ーRPA導入を通して気づいた課題と、RPAプラスαの取り組み
自社及びお客様へのRPA導入経験を通しての気づきや、
成功/失敗事例では何が違ったのかを実際の事例を交えてご紹介。
RPA活用の次ステップとなる、RPAとプロダクト群を組み合わせて効果を最大化する業務効率化コンセプト”Robochestration”についても解説します。
講演:CTCシステムマネジメント株式会社

ー業務効率化実現に必要だった業務プロセス可視化と着眼のポイント
業務効率化の実現と切り離せない、業務プロセス可視化について
改善手法の観点からみたRPAとの関係性、考え方のポイントを丁寧に解説します。
またRPAに適した業務の特徴や、手っ取り早く効果のでる業務の条件などもご紹介します。
講演:CTCシステムマネジメント株式会社

ーエクセル業務効率化ならxoBlos(ゾブロス)
多くの企業でRPAなどを用いて業務効率化を行う際、「エクセル業務」の対処漏れが散見されます。
RPAの導入において課題となるエクセル業務の自動化。本セッションでは、RPAとエクセル業務自動化に特化したxoBlos(ゾブロス)をデモンストレーションを交えてご説明させていただくと共に、RPAとの棲み分けや、エクセル業務自動化に向けたアプローチ方法等についてご紹介します。
講演:デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社

ーオープンソースのプリザンターでLet’sデータ活用!
エクセルやメールでやりとりされる情報をプリザンターに集約して一元管理!しかも、集めたデータを各種グラフで見える化したり、素早く手軽に集計や分析も可能。簡単操作でWebアプリを作成して、Let’sデータ活用!
講演:株式会社インプリム

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています