PR

「Bash 4.4」リリース

2016年9月21日(水)

Linuxなどで広く利用されているシェル「Bash」の最新版、「Bash 4.4」が9月15日にリリースされた。

「Bash 4.4」では、環境変数「EXECIHNORE」に、この変数内容のパターンに一致するものをコマンド検索候補から外す機能を追加したほか、「BASH_LOADABLES_PATH」に「enable -f」で検索できるディレクトリを指定する機能も導入された。また、killコマンドに「-Lオプション」が加わるなど、複数の変更が加わっている。

「Bash 4.4」は、Webサイトから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
NEWS

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック