PR

Canonical、Windows 10でUbuntuのbashシェルを実行する「Ubuntu on Windows」を発表

2016年4月1日(金)

Canonicalは3月30日(現地時間)、「Ubuntu on Windows」を発表した。

「Ubuntu on Windows」は、UbuntuのbashシェルをWindows上で直接実行できるソフトウェア。Windows 10のコマンドプロンプトから動作させることができ、apt、ssh、rsync、find、grep、awk、sed、sort、xargs、md5sum、gpg、curl、wget、apache、mysql、vimなどのコマンドや、同社が用意したバイナリパッケージも利用できるという。

「Ubuntu on Windows」は、「Windows 10」の次期アップデート「Redstone」で利用できるようになる予定。仮想マシンやコンテナではなく、Windowsネイティブなライブラリとプログラムとして動作する。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック