PR

Hanwha Techwinの監視カメラに乗っ取りの危険がある複数の脆弱性

2018年3月14日(水)

Threatpostは3月12日、Hanwha Techwinの監視カメラ「SNH-V6410PN/PNW」に複数の脆弱性が発見されたと発表した。

今回発見された脆弱性は13個に及び、重要度はもっとも高い「critical」となっている。これを悪用されるとカメラが乗っ取られる危険があり、サイバー攻撃の踏み台として悪用される可能性がある。また、該当機種以外のカメラでも類似したファームウェアやインフラストラクチャを使用している場合には同じ脆弱性が存在する可能性があるため、注意を呼び掛けている。

なお、今回の脆弱性への処理パッチは現在開発中となっている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
記事本文

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック