PR

Firefoxのアドオンに潜在的な脆弱性、

2016年4月8日(金)

Threatpostは4月5日(現地時間)、Firefoxのアドオンに潜在的な脆弱性が存在すると発表した。

この脆弱性は、古いアドオンをサポートしている点、アドオン監視プロセスに存在している。Firefoxの開発初期段階にリリースされたアドオンには強力な権限を持つものがあり、この機能を実現できる仕様に関連があると見られる。現在のところ、この脆弱性を悪用したアドオンは確認されていないが、悪用された場合、攻撃者によってWindowsやMac OS Xなどのシステムが乗っ取られる可能性があり、実証もされているため、将来的には注意が必要だという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
記事本文

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック