PR

「Thunderbird」にシステム乗っ取りの危険、修正版がリリース

2018年5月22日(火)

US-CERTは5月18日(現地時間)、メールクライアントソフトウェア「Thunderbird」に複数の脆弱性が存在すると発表した。これらの脆弱性を悪用されると、リモートから攻撃者によってシステムの制御権が乗っ取られる危険があるため、ユーザは早急な対応が必要。

この脆弱性は、「Thunderbird 52.8.0」で修正されている。ユーザは早急なアップデートが必要となる。なお、このリリースでは、暗号化メールが平文で閲覧可能になる脆弱性の修正など、13件の脆弱性の修正が含まれている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック