PR

AWS、Kubernetesを手軽に実行する「Amazon EKS」を発表

2018年6月9日(土)

 Amazon Web Services(AWS)は6月5日(米国時間)、「Amazon Elastic Container Service for Kubernetes」(Amazon EKS)の提供開始を発表した。

「Amazon EKS」は、コンテナオーケストレーションシステム「Kubernetes」を利用して、コンテナ化されたアプリケーションを簡単にデプロイ、管理、スケーリングできるサービス。Kubernetesを利用している企業の57%がAWSを選択している一方で、AWSでKubernetesクラスタを運用し、高い可用性を確保するには、高度な知識や技術が必要だった。「Amazon EKS」は、Kubernetes クラスターのビルド、保護、操作、保守のプロセスを簡略化し、Kubernetes クラスターをゼロから設定することなく、アプリケーションのビルドに集中したいと考える組織にコンテナベースのコンピューティングの利益をもたらす。

「Amazon EKS」は同日より、米国東部 (バージニア北部) および米国西部 (オレゴン) で利用可能となっており、まもなく他のリージョンにも拡大される予定。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック