PR

Red Hat、「Red Hat Enterprise Linux 6.10」を発表、「6系列」のサポートは縮小へ

2018年6月22日(金)

Red Hatは6月19日(現地時間)、同社の企業向け Linux OSの最新版、「Red Hat Enterprise Linux 6.10」の提供を開始した。「Red Hat Enterprise Linux 6」の最新版に相当する。なお、現在の最新系列は「Red Hat Enterprise Linux 7」。

「Red Hat Enterprise Linux 6.10」では、CPU脆弱性への対応の強化、クラスタ機能の強化、パッケージのアップデートなど、複数の機能強化が図られている。

また、「Red Hat Enterprise Linux 6系列」は当バージョンよりサポートサイクルが「Maintenance Support 2」に移行した。これに伴って、「Red Hat Enterprise Linux 6系列」はサポートの範囲が重要なセキュリティ修正と緊急の問題のみに絞られる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

Red Hat、「Red Hat Enterprise Linux 6.10」を発表、「6系列」のサポートは縮小へ | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。