PR

The Linux Foundation、エッジングコンピューティングの標準化を目指す団体「LF Edge」を立ち上げ

2019年2月15日(金)

 The Linux Foundationは1月31日(現地時間)、エッジングコンピューティングの標準化を目指す団体「LF Edge」の立ち上げを発表した。

 5GとIoTの普及に伴いエッジコンピューティングが注目されているが、エッジングコンピューティングは標準化がほとんど行われていない。「LF Edge」は、ハードウェア、プロセッサ、クラウド、OSから独立したエッジコンピューティングのフレームワークの構築を目指す組織として立ち上げられた。

 「LF Edge」は、「kraino Edge Stack」、「EdgeX Foundry」、「Home Edge Project」、「Open Glossary of Edge Computing」、「Project EVE」の5つのプロジェクトに分かれ、それぞれがオープンで非依存型の標準エッジアーキテクチャを確立することを目指す。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

The Linux Foundation、エッジングコンピューティングの標準化を目指す団体「LF Edge」を立ち上げ | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。