PR

US-CERT、2021年10月24日にGPSの時刻が2002年3月へ巻き戻る不具合について注意喚起

2021年10月24日(日)

US-CERTは10月21日(現地時間)、GPSD(GPS Daemon) に存在する不具合に対する注意喚起を発表した。

この不具合は、バージョンによって、2021年10月24日にGPSDを利用するNTPサーバの配布する時刻データ1024週戻り、2002年3月の時刻データになってしまうというもの。誤った時刻が配信されると、さまざまな箇所に誤作動などが起こる危険があり、US-CERTは注意を呼びかけている。

この不具合が存在するのは、「GPSD(GPS Daemon) 3.20~3.22」。「GPSD 3.23」では、この不具合が修正されている。GPSを使ったシステムを管理している場合は、速やかに確認を行うことが望まれる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
バグレポート

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る