PR

US-CERT、Windowsの脆弱性修正アップデートの適用をユーザに呼びかけ

2017年7月13日(木)

US-CERTは7月11日(現地時間)、Microsoft Windowsにリモートからシステムの制御権を不正に奪取されるなど、危険な脆弱性が複数存在するとして、ユーザにアップデートを呼びかけた。

Microsoftから、2017年7月の定例アップデートが公開されており、これらの脆弱性が修正されている。US-CERTやMicrosoftは、すべてのWindowsユーザ・管理者に対してアップデートを適用することを強く推奨されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック