PR

US/CERT、Windowsにリモートコード実行の脆弱性が存在するとして注意喚起

2021年9月8日(水)

 US-CERTは9月7日(現地時間)、Microsoft Windowsにリモートコード実行の脆弱性が存在すると発表した(CVE-2021-40444)。

 該当する脆弱性は、MSHTMLに存在するリモートコード実行の脆弱性。不正に細工されたMicrosoft Officeドキュメントを悪用することで、リモートからコードが実行されてしまう恐れがある。なお、9月7日現在、この脆弱性を悪用した攻撃が確認されているものの、修正プログラムは調査中のため提供されていない。ユーザには必要に応じて緩和策や回避策を適用することが呼びかけられている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス
脆弱性情報

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る