PR

東芝と統計数理研究所、製造現場向け機械学習アルゴリズム「HMLasso」を発表

2019年8月31日(土)

東芝と統計数理研究所は8月2日、製造現場向け機械学習アルゴリズム「HMLasso (Least absolute shrinkage and selection operator with High Missing rate)」を発表した。

「HMLasso」は、多くの欠損値が含まれている製品データからも、品質低下や歩留悪化などの要因を高速・高精度に特定する技術。これまで利用されてきたアルゴリズム「CoCoLasso」と比べ推定誤差を約41%削減することに成功した。この技術によって、従来は活用の難しかった欠損値を多く含むデータでも高速・高精度な要因解析が可能となり、工場・プラントなど製造現場の生産性・歩留・信頼性の向上が期待できるようになるという。

東芝と統計数理研究所は、本技術の簡易プログラムをオープンソースソフトウェアとしてWebサイトに公開している。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック