PR

富士通、理化学研究所にスーパーコンピュータ「富岳」の出荷を開始

2019年12月12日(木)

富士通は12月2日、理化学研究所と共同で開発したスーパーコンピュータ「富岳」の出荷を開始した。

今回出荷される第一号機は、スーパーコンピュータシステムである「富岳」を成すコンピュータラックの1つ。同社は今後も順次、兵庫県神戸市にある理化学研究所の計算科学研究センターに向け出荷・納入し、設置・調整を行う。

スーパーコンピュータ「富岳」は、富士通がArm命令セットアーキテクチャを採用して開発した高性能CPU「A64FX」15万個以上を高速ネットワーク「TofuインターコネクトD」で接続する超大規模システム。「富岳」は、「京」と比較し、最大で100倍のアプリケーション実効性能を、約3倍程度の消費電力で実現することを目指して開発されている。そのプロトタイプは、11月17日から11月22日まで米国デンバーで開催されたハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)に関する国際会議「SC19」において、優れた消費電力性能を示す「Green500」で世界1位を獲得している。

同社は、2021年から2022年頃を目指す共用開始に向け、順次「富岳」の出荷および設置と調整を行う。また、同社は「富岳」の技術を活用した商用スーパーコンピュータ「FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX1000」および「PRIMEHPC FX700」をグローバルに提供していくことで、新薬の開発、防災・減災などの安心安全な社会の実現など、社会的課題の解決や最先端研究の推進をするとともに、様々な業種のユーザに提供していく。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

富士通、理化学研究所にスーパーコンピュータ「富岳」の出荷を開始 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。