PR

ロス・アラモス国立研究所、Respberry Piを利用したスーパーコンピュータを構築

2017年12月7日(木)

ロス・アラモス国立研究所(Los Alamos National Lab.)は11月13日(現地時間)、Respberry Piのボードを利用したスーパーコンピュータを構築したと発表した。

今回の発表では、ロス・アラモス国立研究所は、Respberry Piを利用し、750ノードのシステムを構築した。このシステムは、同研究所のプロダクションシステムのアプリケーションを開発するためのソフトウェア開発プラットフォームとして利用されているという。なお、構築にかかった期間は3カ月以内だという。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースアナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック