PR

オープンソースのシングルサインオンソフトウェア「OpenAM14」リリース

2020年1月16日(木)

 OpenAMコンソーシアムは12月25日、シングルサインオン(SSO)ソフトウェア「OpenAM14」をリリースした。

 「OpenAM」は、サン・マイクロシステムズのOpenSSOを起源とし、ForgeRock社が開発を引き継いだオープンソースソフトウェア。シングルサインオン、ID基盤、多要素認証などの環境を簡単に構築できる。

 「OpenAM14」では、パスワードレス認証を行うための規格であるFIDO2(WebAuthn)やOpenJDK 11に対応した。また、利用用途に制限のない実行可能ファイルも同時に公開しており、ユーザが様々な目的で活用できるようにしている。

 「OpenAM14」は、GitHubに公開されている。
 

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック