PR

情報処理推進機構、iPhoneに突然表示される不審なカレンダー通知に注意喚起

2020年4月2日(木)

情報処理推進機構は3月30日、iPhoneに突然表示される不審なカレンダー通知に対する注意喚起を発表した。

情報処理推進機構では、今年1月から3月にかけて「iPhoneのカレンダーからウイルス感染しているという通知が出る」、「iPhoneのカレンダーに身に覚えのないイベントが入っている」といった相談が複数件寄せられた。これは、iCloudカレンダーの機能を悪用して、他人のカレンダーに不審な書き込みを行う手口だという。

相談があった手口の流れの概要は以下の通り。
(1)iPhoneのカレンダーに身に覚えのないイベントがある
イベントのタイトルには「ウイルスに感染している可能性があります」、「あなたのiPhoneは保護されていません」などと記載されている

(2)イベント内のURLから不審なサイトへ誘導される
イベントに記載されているURLをタップして、不審なサイトにアクセスする

(3)アクセス先の不審サイト経由で被害にあう

この手口はiCloudカレンダーの「共有機能」や、「出席依頼機能」を悪用していると考えられる。自分のiCloudメールアドレスが何らかの方法で知られ、そのアドレスを共有先として設定されると、不審なカレンダーやイベントが自分のiPhoneに登録される可能性がある。イベントに記載されているURLをタップして、アクセス先のサイト経由でアプリをインストールしたり、サイトに個人情報等を入力すると被害が発生する可能性がある。

なお、この手口は、正規のiPhoneカレンダー機能を悪用したものであり、不正なアプリが原因ではない。

対処としては、身に覚えのない共有カレンダーの参加依頼がきた場合は、URLをタップせず、「削除してスパムを報告」の操作を行えばよい。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

情報処理推進機構、iPhoneに突然表示される不審なカレンダー通知に注意喚起 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。