PR

JPCERT/CC、複数のルータ製品に存在する脆弱性に関する注意喚起を発表

2015年12月15日(火)

JPCERT/CCは12月11日、複数のルータ製品に存在する脆弱性に関する注意喚起を発表した。

今回発表された脆弱性は次の通り。

○ReadyNet WRT300N-DD に複数の脆弱性
○Netgear WNR1000v3 に不十分なランダム値を使用している問題
○Buffalo WZR-600DHP2 に不十分なランダム値を使用している問題
○Amped Wireless R10000 に複数の脆弱性
○ZyXEL NBG-418N に複数の脆弱性

脆弱性の内容は製品により異なり、不適切なパスワードに関するもの、クロスサイトリクエストなど多岐に渡る。記事の中では、対策方法が記されていないものもあり、ユーザは今後の情報に注意する必要がある。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ReadyNet WRT300N-DD に複数の脆弱性
Netgear WNR1000v3 に不十分なランダム値を使用している問題
Buffalo WZR-600DHP2 に不十分なランダム値を使用している問題
Amped Wireless R10000 に複数の脆弱性
ZyXEL NBG-418N に複数の脆弱性

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック