PR

バッファローの複数のルータに脆弱性、JPCERT/CCが注意喚起

2021年4月29日(木)

JPCERT/CCは4月27日、バッファローの複数のルータのファームウェアに脆弱性が存在するして注意喚起を行った。

今回発見された脆弱性は複数存在し、悪用された場合、管理者権限で任意のコマンドを実行されたりリモートからルータの設定情報を窃取されるなどの危険がある。

脆弱性が存在する製品は以下の通り。

BHR-4GRV DWR-HP-G300NH HW-450HP-ZWE WHR-300HPWHR-300 WHR-G301N WHR-HP-G300N WHR-HP-GN WPL-05G300 WZR-450HP-CWT WZR-450HP-UB WZR-HP-AG300H WZR-HP-G300NH WZR-HP-G301NH WZR-HP-G302H WZR-HP-G450H WZR-300HP WZR-450HP WZR-600DHP WZR-D1100H FS-HP-G300N FS-600DHP FS-R600DHP FS-G300N

いずれの製品も、ファームウェアを最新版にアップデートすると脆弱性は解消する。ファームウェアはバッファローのWebサイトからダウンロードすることができる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
JPCERT/CCの注意喚起

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック