PR

JPCERT/CC、Intel製品に複数の脆弱性が存在すると発表

2020年8月16日(日)

JPCERT/CCは8月13日、Intelから複数のセキュリティアドバイザリが公開されたとして注意喚起を発表した。

影響を受ける製品は、Intel Wireless Bluetooth製品、Intel PROSet/Wireless WiFi製品、Intel Server Board Families、Intel Graphics Driversなど多岐に亘る。今回のセキュリティアドバイザリには、深刻度が Critical のアドバイザリ (INTEL-SA-00384) も含まれる。いまユーザは脆弱性について確認の上、対応を施すことが推奨される。

脆弱性の詳細は、IntelのWebサイトに掲載されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
ニュースリリース

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック