PR

Intelの複数の製品に脆弱性、アップデートが公開

2019年11月16日(土)

JPCERT/CCは11月14日、Intelの複数の製品に脆弱性が存在すると発表した。これらの脆弱性を修正するアップデートがIntelから公開されているため、ユーザはアップデートの適用が必要。

公開されたアドバイザリは以下の通り。対応する製品は多岐に渡る。

INTEL-SA-00164:Intel TXT Advisory
INTEL-SA-00210:Intel Processor Machine Check Error Advisory
INTEL-SA-00219:Intel SGX with Intel Processor Graphics Update Advisory
INTEL-SA-00220:Intel SGX and TXT Advisory
INTEL-SA-00240:Intel Processor Security Advisory
INTEL-SA-00241:Intel CSME, Intel SPS, Intel TXE, Intel AMT, Intel PTT and Intel DAL Advisory
INTEL-SA-00242:Intel Graphics Driver for Windows and Linux Advisory
INTEL-SA-00254:Intel Processor Graphics SMM Advisory
INTEL-SA-00255:Intel Ethernet 700 Series Controllers Advisory
INTEL-SA-00260:Intel Processor Graphics Update Advisory
INTEL-SA-00270:TSX Asynchronous Abort Advisory
INTEL-SA-00271:Intel Xeon Scalable Processors Voltage Setting Modulation Advisory
INTEL-SA-00280:UEFI Advisory
INTEL-SA-00287:Intel WIFI Drivers and Intel PROSet/Wireless WiFi Software extension DLL Advisory
INTEL-SA-00288:Intel PROSet/Wireless WiFi Software Security Advisory
INTEL-SA-00293:Intel SGX Advisory
INTEL-SA-00309:Nuvoton CIR Driver for Windows 8 for Intel NUC Advisory
INTEL-SA-00313:Intel BMC Advisory

なお、危険度や悪用された際の影響はアドバイザリにより異なるが、特権の不正取得やDoSなど危険なものもあり、ユーザはアップデートを適用することが強く推奨される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
JVNVU 90354904

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック