PR

「Ubuntu 16.04(Xenial Xerus)」リリース

2016年4月21日(木)

Ubuntu Teamは4月21日(現地時間)、LinuxディストリビューションUbuntuの最新版、「Ubuntu 16.04 “Xenial Xerus”」をリリースした。

Ubuntuは、Debian GNU/Linuxをベースとしたディストリビューション。Ubuntu Teamは6ヶ月ごとの新バージョンリリースを宣言しており、今回のリリースも前回の「15.10」から半年が経過してのリリースとなる。Ubuntuの特徴としては、「初心者でも使いやすいディストリビューション」を目指していることが挙げられる。

「Ubuntu 16.04」では、デスクトップのランチャーが、従来は画面左端に固定されていたものが、下方に移動できるようになった。アイコンの大きさを変えたり、自動的に隠す設定も可能となっている。また、オンライン検索機能のプライバシーがデフォルトで無効となった(設定により有効に変更可能)。また、ファイルシステム「ZFS」がデフォルトで有効となった。

Ubuntu 16.04は、デスクトップ向け「Ubuntu」、サーバ向け「Ubuntu Server」が公開されている。また、16.04では「Long Term Support版」もリリースされており、サポートが2021年4月まで提供される予定となっている。Ubuntuのインストールイメージは、Webサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースノート

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内