PR

「Ubuntu 21.10(Impish Indri)」リリース

2021年10月22日(金)

Ubuntu Teamは10月14日(現地時間)、LinuxディストリビューションUbuntuの最新版、「Ubuntu 21.10 “Impish Indri”」をリリースした。

Ubuntuは、Debian GNU/Linuxをベースとしたディストリビューション。Ubuntu Teamは6ヶ月ごとの新バージョンリリースを宣言しており、今回のリリースも前回の「21.04」から半年ぶりのリリースとなる。Ubuntuの特徴としては、「初心者でも使いやすいディストリビューション」を目指していることが挙げられる。

「Ubuntu 21.10」は、カーネルにLinux 5.13が採用されている。また、GNOME 40の搭載、Waylandのサポート拡張、メモリエラー検出機構「Kernel Electric Fence(KFENCE)」のサポート、その他各アプリケーションのアップデートなど、さまざまな機能強化が施され、不具合の修正も施されている。

「Ubuntu 21.10」は、デスクトップ向け「Ubuntu」、サーバ向け「Ubuntu Server」のほか、Xubuntuなどの派生ディストリビューションが公開されている。Ubuntuのインストールイメージは、Webサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースノート
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る