PR

最新版Ubuntu登場

2008年6月5日(木)
小林 準

デスクトップOSとして浸透したUbuntu

 6月特集「OS-1グランプリ」の木曜日は、エンタープライズ市場での活用も始まり、ますます注目が集まるUbuntuだ。執筆はUbuntu Japanese Teamの代表、Jun Kobayashiこと小林 準氏だ!Ubuntuをこよなく愛し、その普及のため、講演活動、書籍執筆などを精力的にこなす小林氏。日本語版Ubuntuや充実したWikiなどは彼の努力のたまものなのだ!では、小林氏どうぞ!

 Ubuntuは、デスクトップOSとして注目されてきたLinuxディストリビューションです。

 最近になって、日本でもUbuntuが大きく取り上げられるようになってきました。昨年より、Ubuntuを取り上げた書籍やムック、雑誌が多く出版されていますし、WebでもUbuntuについての記事は増え続けています。

 一方、海外では以前よりUbuntuが高く評価されてきました。そのことを顕著にあらわしているのが、昨年、DELLがアメリカおよびヨーロッパ地域でUbuntuをプリインストールしたPCの販売を開始したことでしょう。これは、多くのユーザの声に応える形で実現したものです。

 今やUbuntuは、Windowsの代わりとなるOSの第1候補として、多くの記事で名前が挙げられるまでになっています。デスクトップ向けのLinuxディストリビューションの標準として認められつつあると言ってよいでしょう。

 Ubuntuがこれほどまでに広がった背景には、「フリーソフトウェアで構成された、自由で無料のOSを広く普及させる」というUbuntuの目標があります。この目標に魅力を感じた人々の協力により、UbuntuはデスクトップOSとして急速に成長してきました。

サーバOSとしてのUbuntu

 では、サーバOSとしてはどうでしょうか。

 Ubuntuは、デスクトップOSとしての普及を目指して開発が開始されたディストリビューションですが、現在はサーバOSとしても利用できるように開発されています。

 デスクトップOSに求められるものと、サーバOSに求められるものは大きく異なりますが、共通する部分もあります。まず、OSの基盤部分を中心として、多くのソフトウェアが共通で利用できます。そして、確実なセキュリティフィックスの提供、継続的な開発の継続、定期的な新バージョンのリリースが求められるという点も、両者に共通しています。よって、デスクトップOSとして成功しているUbuntuが、それをベースにサーバOSとしての普及を目指すのは当然だと言えるでしょう。

 Ubuntuは、新しいバージョンが6ヵ月ごとにリリースされています。通常のリリースなら18ヵ月、長期サポート版ならばデスクトップが3年間、サーバについては5年間、セキュリティホールやバグの修正パッチが提供されます。この特徴は、デスクトップOSとしてだけでなく、サーバOSとして利用する際にも非常に重要です。OSのアップグレードには、さまざまなコストがかかりますし、リスクも伴います。事前にアップグレードが必要な時期が明確になっていれば、アップグレードの計画が立てやすいでしょう。

 このような利点があるため、Ubuntuをサーバとして利用する例が増えています。しかしながら、現在のところ個人やコミュニティ、小規模なサービスでの利用が中心で、エンタープライズサーバとしての普及はこれからです。こういった状況の中、Ubuntu 8.04 LTSはエンタープライズサーバのニーズを満たすものとして、この4月にリリースされました。

 では、このUbuntu 8.04 LTSについて次ページから紹介していきましょう。

Ubuntu Japanese Team
Ubuntuプロジェクトのオフィシャルメンバーで、Ubuntu Japanese Teamの代表として活動している。最近は、業務でUbuntuをサーバOSとして利用することも多くなってきた。著書に「独習Linux」(翔泳社、2007年1月)がある。http://junkobayashi.jp

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています