PR

「Ubuntu 18.04(Bionic Beaver)」、LTSとしてリリース

2018年4月27日(金)

Ubuntu Teamは4月26日(現地時間)、LinuxディストリビューションUbuntuの最新版、「Ubuntu 18.04 “Bionic Beaver”」をリリースした。

Ubuntuは、Debian GNU/Linuxをベースとしたディストリビューション。Ubuntu Teamは6ヶ月ごとの新バージョンリリースを宣言しており、今回のリリースも前回の「17.10」から半年ぶりのリリースとなる。Ubuntuの特徴としては、「初心者でも使いやすいディストリビューション」を目指していることが挙げられる。なお、今回の「Ubuntu 18.04(Bionic Beaver)」はLTSとしてリリースされており、DesktopとServerでは5年間のサポートが提供される。

「Ubuntu 18.04」は、デスクトップ環境を「Unity」から「GNOME 3.26」に変更して初めてのLTSリリースとなる。カーネルには「Linux 4.15」が採用されたほか、再起動せずにカーネルをアップデートできる「ライブパッチ」が採用された(機能の利用にはアカウントが必要)。また、 「Ubuntu 18.04」ではオプトアウト方式でシステムデータを収集するようになったほか、さまざまな機能強化が施され、不具合の修正も施されている。なお、デフォルトのディスプレイサーバは「Wayland」から「X.org」に変更されている。

「Ubuntu 18.04」は、デスクトップ向け「Ubuntu」、サーバ向け「Ubuntu Server」のほか、Xubuntuなどの派生ディストリビューションが公開されている。Ubuntuのインストールイメージは、Webサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースノート
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック