PR

「Ubuntu 21.04(Hirsute Hippo)」リリース

2021年4月25日(日)

Ubuntu Teamは4月22日(現地時間)、LinuxディストリビューションUbuntuの最新版、「Ubuntu 21.04“Hirsute Hippo”」をリリースした。

Ubuntuは、Debian GNU/Linuxをベースとしたディストリビューション。Ubuntu Teamは6ヶ月ごとの新バージョンリリースを宣言しており、今回のリリースも前回の「20.10」から半年ぶりのリリースとなる。Ubuntuの特徴としては、「初心者でも使いやすいディストリビューション」を目指していることが挙げられる。

「Ubuntu 21.04」では、Microsoft Active Directoryが統合された点が大きな変更点となる。この統合により、Ubuntuをインストールする際にActive Directoryドメインに参加することが可能となった。また、Microsoft Active Directoryドメインコントローラからシステム管理を行う機能も加わっている。そのほかにも複数の機能強化が施され、不具合の修正も施されている。

「Ubuntu 21.04」は、デスクトップ向け「Ubuntu」、サーバ向け「Ubuntu Server」のほか、Xubuntuなどの派生ディストリビューションが公開されている。Ubuntuのインストールイメージは、Webサイトから無償でダウンロード・利用できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースノート
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る