PR

Python実装「Pyston 0.5.0」リリース

2016年5月28日(土)

Python.orgは5月25日(現地時間)、独自のPython実装「Pyston 0.5.0」をリリースした。

「Pyston」は、LLVMのJITをベースとした独自のPython実装。Dropboxによって開発が開始され、高いパフォーマンスと拡張性を目指して開発されている。PystonはLLVMをベースとしており、これによってLLVMの最適化機能やJITのメリットを生かしつつ、Pythonを利用したアプリケーション開発ができる。

今回公開された「Pyston 0.5.0」は、Tracing Garbage Collectorの代替としてReference Counting GCが採用された。また、数値処理ライブラリ「NumPy」もフルサポートされた。

「Pyston 0.5.0」はApache License 2.0の下で、GitHubにて公開されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内