PR

GMOインターネットとマイクロソフトが提携、Windowsアプリケーション開発環境をクラウドで提供

2012年10月5日(金)

GMOインターネットと日本マイクロソフトは10月4日、PC、タブレット、モバイルデバイス向けのWindowsアプリケーション開発市場の拡大を目指して提携し、アプリケーション開発者向けに、仮想デスクトップを利用した世界初のクラウド型開発環境「お名前.com デスクトップクラウド for Windowsアプリ」をGMOインターネットが提供開始したことを発表した。

「お名前.com デスクトップクラウド for Windowsアプリ」は、開発者がWindows 8 やスマートフォンなどのデバイスに対応したアプリケーションを開発する際、開発用にPC環境やソフトウェアを準備することなく、コストを抑えてすぐに開発を始められる、クラウド型の開発環境。利用料金は、初期費用が2,100円、月額費用は6,720円から。初期費用、及び月額費用最大3ヶ月間を無料とするキャンペーンが2012年12月28日正午まで実施されている。

従来のWindows アプリケーション開発者に加えて、AndroidやiOSなど他のプラットフォームまで、幅広い開発者がWindows 8の新しいユーザーインターフェイスやマルチタッチなどを活用したアプリケーションを容易に開発できるようになる。クラウド型の開発環境であることから、Windows以外の端末からも利用でき、海外でもインターネットにアクセスできる環境であれば、いつでもどこでも同じ開発環境が利用できる。両社では、アプリケーション開発者向けの支援も連携して実施する。

仮想デスクトップでの提供により、開発に利用するPC、デバイスの種類や場所を問わず、最新の開発環境である Visual Studio Professional 2012を利用して、Windowsアプリケーションの開発を行うことができる。これまでVisual Studioを使用するにはライセンスもしくはパッケージなどを購入する必要があったが、それらに加えて仮想デスクトップ サービスを利用するという選択肢が加わった。海外でも利用可能なことから、海外出張時に出張先のPCなどを使って開発を続けることもできる。また、仮想デスクトップのクラウド型開発環境では、各種開発用テンプレート、自習書、開発者向けナレッジ集も提供する。


GMOインターネット
http://www.gmo.jp/

日本マイクロソフト
http://www.microsoft.com/ja-jp/

ニュースリリース(GMOインターネット)
http://www.gmo.jp/news/article/?id=4066

ニュースリリース(日本マイクロソフト)
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=4205

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック