PR

NTTデータとNTTデータ先端技術、「Hinemos」によるシステム分析基盤を提供

2012年10月19日(金)

NTTデータとNTTデータ先端技術は10月17日、NTTデータが提供するOSS統合運用管理ソフト「Hinemos」(ヒネモス)で蓄積しているシステム稼働情報やジョブ制御情報を分析し、システム障害の原因究明、チューニングやキャパシティプランニングを可能とする、「Hinemos システムアナライズ」オプションの提供を開始した。本オプションはNTTデータとNTTデータ先端技術が共同で機能開発を行い、NTTデータが販売と保守サポートを提供する。

「Hinemos システムアナライズ」オプションは、これまでHinemosで蓄積していたシステム稼働情報やジョブ制御情報に対して、あらゆる種類のデータを高速で自由度の高い検索が可能という特徴を持つデータ分析ソフトウエア「Splunk」を活用し、これらの情報を一元的に分析することが可能。この分析基盤により、データセンターから小中規模システムまで幅広いユースケースに適した運用管理が可能となる。

Hinemos システムアナライズの主な特長は以下の通り。

・高速かつ自由度の高い分析・検索が可能
システム稼働情報、ジョブ制御情報の統計情報からトレンドの把握、異常検知や相関分析といった、幅広い分析が可能となる。本オプションは、データ分析ソフトウエアであるSplunkを基盤としており、Splunkが持つさまざまな高速な分析機能もそのまま利用できる。

・多彩な分析用レポートテンプレートを用意
システム稼働情報、ジョブ制御情報の分析において、汎用的に利用可能な分析用レポートをテンプレートとして用意。

・簡易な分析画面のカスタマイズ
ビューやダッシュボードといった表示機能を利用して、分析用レポートのテンプレート画面の組み替えや、ユーザー独自の分析画面をWebインターフェースにより簡易に設定・カスタマイズできる。

・マルチシステム対応
Hinemosにて管理する複数のシステムに対しても、一元的に分析が可能。クラウド化・仮想化が導入された複雑な環境にも対応。

・マルチユーザー対応
参照可能なシステムの範囲をユーザーごとに指定できる。これにより、システム間の情報の独立性やセキュリティーを確保したまま、マルチユーザーによる分析業務が可能となる。

・既存システムに影響なく構築可能
Hinemosにて収集済みの情報のみを利用するため、既存システムには一切影響なく構築ができる。


NTTデータ
http://www.nttdata.com/jp/

ニュースリリース(NTTデータ)
http://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2012/101701.html

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

NTTデータとNTTデータ先端技術、「Hinemos」によるシステム分析基盤を提供 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。