PR

NEC、OpenFlow対応「UNIVERGE PFシリーズ」のコントローラ機能を強化、スイッチの新製品を発売

2012年12月14日(金)

NECは12月12日、OpenFlowによる新たなネットワーク制御技術ProgrammableFlowに対応した製品「UNIVERGE PFシリーズ」において、プログラマブルフロー・コントローラ(以下 PFC)「UNIVERGE PF6800」の機能を強化するとともに、プログラマブルフロー・スイッチ(以下 PFS)の新製品「UNIVERGE PF5248」「UNIVERGE PF5220」を、12月27日から販売開始すると発表した。

PFCの機能強化では、PFSへの設定を容易にするコンフィグレーション簡易化機能の追加、世界初となる仮想ルータでのIPv6ルーティングへの対応を行った。また、PFSは10Gポートにサーバを直接収容可能な「UNIVERGE PF5248」と、エッジスイッチとして最適な24ポートGbEスイッチ「UNIVERGE PF5220」をラインアップに追加し、幅広いユーザーニーズに対応する。

PFCの機能強化概要は次の通り。

・回線障害時の通信復旧時間を従来の約10分の1に短縮
従来のOpenFlow 1.0準拠のコントローラでは、回線に障害が発生した場合、スイッチに対し、その回線を通るデータ毎の経路切り替え指示を行う必要があった。今回の機能強化でコントローラからの指示を1つにまとめることにより、スイッチによる高速な切替えが可能になり、通信復旧までの時間を約10分の1に短縮。

・仮想ルータでのIPv6ルーティングに世界で初めて対応
VTN上の仮想ルータでのIPv6ルーティングが可能。これにより、セグメントをまたがったIPv6の通信が可能となり利用範囲が拡大。

・PFSのVLANコンフィグレーションの簡易化を実現
従来、VTNの設定時にはPFSでのVLAN設定が必要であった。今回の機能強化によりPFCからPFSのVLAN設定を集中的に行う事が可能となり、組織変更やフロア移動の際のネットワーク変更の設定工数を大幅に削減。

新製品の特長は次の通り。

「UNIVERGE PF5248」
10Gポートをサーバの直接収容に対応させ、10Gを集線することで、プログラマブルフローのコアスイッチとしてもエッジスイッチとしても利用が可能なOpenFlow対応8ポート10GbEスイッチ。価格(税別)は、2,150,000円から。

「UNIVERGE PF5220」
プログラマブルフローのエッジスイッチとして利用するOpenFlow対応24ポートGbEスイッチ。中規模の企業ネットワークにも導入を容易にした製品。価格(税別)は、1,390,000円から。

さらに、Windows Server 2012 Hyper-V上の仮想スイッチをOpenFlowに対応させる拡張ソフトウェア「UNIVERGE PF1000」の提供および保守サポートを開始する。これにより、物理スイッチと同様に仮想スイッチをPFCから集中制御可能となり、サーバ仮想化環境においても柔軟かつきめ細やかなフロー制御や運用管理を実現する。


NEC
http://jpn.nec.com/

ニュースリリース
http://jpn.nec.com/press/201212/20121212_01.html

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック