PR

レッドハット、仮想化プラットフォーム「Red Hat Enterprise Virtualization 3.1」を提供開始

2013年1月12日(土)

レッドハットは1月10日、エンタープライズ向け仮想化プラットフォーム製品「Red Hat Enterprise Virtualization 3.1 」の提供を開始した。

バージョン3.1では、日本語化された管理インターフェイス、スケーラビリティ、ネットワーク、ストレージ、および仮想デスクトップ機能を強化している。このリリースでレッドハットは、Red Hat Enterprise Virtualizationと、Red Hat StorageおよびRed Hat Enterprise Linuxを含む、包括的なRed Hat製品群との組み合わせにより、柔軟性をさらに向上させた。

Red Hat Enterprise Virtualizationは、エンタープライズ向けに設計された、ミッションクリティカルなエンドツーエンドのオープンソース仮想化インフラストラクチャ。バージョン3.1では、さまざまな新機能が提供される。

プラットフォームに関しては、ゲスト仮想マシンのスケーラビリティが強化。仮想マシン当たり最大160の論理CPUと最大2TBのメモリがサポートされるようになり、最新の業界標準x86プロセッサをサポートするために、KVMハイパーバイザが拡張されている。Red Hat Enterprise VirtualizationはRed Hat Enterprise Linuxと同じKVMハイパーバイザテクノロジを使用し、共通のABI互換を維持することで仮想化プラットフォームを柔軟に提供する。

バージョン3.1には、日本語化されたユーザーインターフェイス、改善されたクロスプラットフォームWeb管理ポータル、レポートダッシュボードのアップデート、新たな仮想ネットワーク機能、さらに強化されたストレージ機能も含まれている。ストレージライブマイグレーションのテクノロジプレビューを提供することで、仮想マシンを終了させることなく、ストレージドメイン間で仮想マシンディスクファイルの移行が可能になり、柔軟性が向上している。 パワーユーザーポータルで強化されたリソースクオータ機能により、テスト/開発やその他のプライベートクラウドにおけるセルフサービスが可能になっている。新たな仮想デスクトップオートスタートポリシー、改善されたWANの最適化を含め、VDI機能も進化している。

バージョン3.1の追加機能の1つとして、Red Hat Storageとの統合がある。Red Hat Storageは、非構造化データをファイルおよびオブジェクトとして管理できる、スケールアウト、オープンソース・ストレージ・ソフトウェアソリューション。2011年10月のGluster, Inc.の買収によりRed Hatが取得したGlusterFSテクノロジをベースとするRed Hat Storage Serverは、2012年7月より国内で提供開始され、エンタープライズユーザーに、オープンで統一されたスケールアウト・ストレージ・ソフトウェアを提供している。バージョン3.1ではプラットフォームの汎用性をより拡大し、Red Hat Storageで管理された安全な共有ストレージプールへのアクセスが可能になっている。この統合は、オープンハイブリッドクラウドの構成要素として、運用コストの削減、優れたポータビリティ、柔軟性、スケーラビリティ、可用性を向上させ、ITインフラの選択肢を提供する。オープンソースプロジェクトoVirtとGlusterによるコミュニティ主導の革新を、エンタープライズへ提供する。この2つの製品の組み合わせは、コンピュータリソースとストレージリソースを仮想化環境で統合する。


レッドハット
http://jp.redhat.com/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

レッドハット、仮想化プラットフォーム「Red Hat Enterprise Virtualization 3.1」を提供開始 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。